2017.07.31更新

生活習慣病の一つである糖尿病は、長きにわたるライフスタイルが原因となっていることが多いものです。炭水化物や糖質の過剰摂取、そのほか運動不足であることや、偏った生活がもたらす肥満体型の人がなりやすいです。

糖尿病は、進行しなければ自覚症状がほとんどない恐ろしい病気です。これを言い換えると、症状が現れている場合、かなり悪化している可能性があるということです。糖尿病の恐ろしいところは、深刻な合併症を引き起こすリスクで、網膜症や腎症、神経障害などが起こるかもしれません。

なにより糖尿病における怖さは、自覚症状に乏しい病気のため、検査で発見するほかない部分です。例えば網膜症を合併した場合、視力が徐々に低下していき、最終的には失明する恐れがあります。合併症を引き起こし悪化させないためには、早めに状態を把握することが重要なのです。

日頃から、甘いものをたくさん食べたり、炭水化物を摂取しすぎたりと、ご自身の生活習慣は、ご自身で把握している事と思います。その中で、もしかしたら糖尿病になりかねない生活をしていると、自覚があれば定期的に検査を受けるべきです。早期なら、ライフスタイルの改善で糖尿病の予防に努められます。

京都府相良郡にある当院では、糖尿病に関するご相談を承っております。ご心配な方はぜひご相談頂ければと思います。

投稿者: 医療法人翠樹会 岸田内科医院